他のお役立ち情報

私たちが暮らしを送る中で、電報を活用することのできるシーンには、さまざまなものがあります。例えば、結婚式や葬式、卒業式などの式典、昇進や昇格、栄転、定年退職、出産、誕生、退院、開店、創業、合格、表彰、叙勲など、何か特別な出来事が起こった場面では、電報を活用してメッセージを送ることができます

また、最近では、さまざまな種類の電報が登場してきているのも魅力の一つです。例えば、「ぬいぐるみ電報」は、ぬいぐるみをモチーフとしたデザインの台紙を使用した電報で、可愛らしい印象を演出することができます。また、「フラワー電報」は、花束を添えてメッセージを届けることのできるものになります。その他に、バルーンアートを施した「バルーン電報」は、華やかな印象が魅力的です。

デジタル化され、画面上で確認するメッセージと比較して、手元に形となって残る電報は、特別な印象があり、心のこもったメッセージを伝えるために適しています。電報を打つためには、適切な台紙を選んで、メッセージを記載する必要があります。そのように、ちょっとした手間かけるだけでも、相手に特別な印象を与え、うれしい気持ちになってもらうことができるものです。

商品の種類と使用場面

ひと口に「電報」と言っても、その種類はバラエティに富んでいます。例えば、オーソドックスなものの他に、ぬいぐるみをモチーフとしたデザインのものや、漆塗りの台紙を使用したもの、プリザーブドフラワーなども存在し、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に合わせて選ぶことができます。人生の節目にあたる場面で、心のこもった電報を送ることは、単にメッセージを伝えるだけではなく、相手に特別な印象を与えることができるというメリットがあります。

電報は、結婚式や葬式だけではなく、卒業式でも使用することが可能です。例えば、学校のある自治体の首長である市長・町長などから贈られる形式的なものの他に、家族から卒業する人に向けて、お祝いの気持ちを込めて贈られるメッセージも存在します。相手と直接対面して、口で伝えるのは気恥ずかしい言葉でも、祝電という形を取ることで、素直に伝達することができるでしょう。また、世話になった人の昇進や昇格、栄転が決まった時に、お祝いのメッセージを送るのも素敵な気配りと言えます。そして、定年退職を迎えた人に対して、会社の関係者や家族から、ねぎらいの気持ちを込めて電報を打つのもおすすめの方法になります。

活用するメリット

時代が移り変わるのと共に、人と人がコミュニケーションを取るために使用するツールも、さまざまな変化を遂げてきました。コミュニケーションツールとして、電話や手紙といったものは従来から存在しましたが、最近では、インターネットの接続環境やIT機器が広く普及し、メールやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などを活用するケースが多く見受けられます。現在では、画面上で所定のボタンをクリックするだけで、相手との思い出がある場面を撮影した写真をアップロードしたり、日本国内だけではなく、海外の相手と頻繁に近況を伝えあうなど、遠く離れた場所にいる人とでも、気軽にメッセージのやり取りをしたりすることができるようになりました。

そのように、デジタル化の進んでいる昨今の社会情勢の中で、従来からアナログ媒体として存在する電報をあえて利用することには、何らかのメリットがあるのでしょうか? 電報は、結婚式や葬式など、お祝いやお悔やみの席、いわゆる冠婚葬祭という人生の節目に於いて活用される、フォーマルなシーンに適したメッセージツールです。その一方で、SNSやメッセージアプリは手軽で便利な反面、そのように形式を重んじる場面では使用しにくいでしょう。

電報に関する情報

人と人のコミュニケーションツールは、時代の変遷とともにその姿を変えてきました。現在では、電話や手紙など、従来から存在するものに代わって、メールやSNSを活用してメッセージの送受信を行なう人を多く目にします。それらのツールは、手軽で便利である反面、フォーマルな場面では使いにくいもののようです。こちらの問題を解決するためには、電報を活用するのも選択肢の一つになります。

電報は、結婚式や葬式など、冠婚葬祭の場面で使用されることが多く、その種類にはさまざまなバリエーションがあります。例えば、ノーマルなもの以外には、ぬいぐるみのデザインや漆塗りの台紙を用いたもの、プリザーブドフラワーなどもあります。また、私たちの生活シーンの中で、電報を打つ場面は、結婚式や葬式に限られる訳ではありません。例えば、卒業式に、市長や町長などから形式的なメッセージを送るのではなく、家族からプライベートの言葉を伝達するために使用するという選択肢もあります。また、昇進や昇格、栄転、定年退職などの場面でも、電報を活用することが可能となります。そして、昨今では、いろいろな種類の電報が登場してきています。それらの商品ラインナップの中から、自分に合ったものを選ぶことができるのも、魅力の一つと言えます。

ここでは、電報に関するさまざまな情報をお届けしましょう。皆さんの中でも、これから電報を打ちたいと考えている方などは、参考にしてみてください。